最近のトラックバック

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ミヤナガホルソー578ダイヤ | トップページ | カタログ更新情報 »

2007年6月23日 (土)

関ケ原製作所精密石定盤

本日ご紹介するのは関ケ原製作所精密石定盤 です。

関ケ原製作所の精密石定盤は低価格の精密石定盤を実現!トップメーカーである関ケ原製作所がお客様のニーズに応え、低価格の精密石定盤を販売します。現地出張にて平面精度を修正!お客様からのご相談に応じて現地に出張し精密石定盤の平面精度を修正いたします。石定盤の精度「JISの精密定盤の等級は0級までしか規定されていませんが、より高精度な00級まで標準品として製作しています。又、さらに精度の高い000級も製作します。」石定盤の性質「石定盤の素材としては、花崗岩や斑レイ岩=通称黒御影石を用います。これらは硬度が高く、組織が緻密でバラツキがない上、機械的、物理的にも優れた定盤素材として最適であることは学問的にも立証されております。」特長「1:経年変化を生じません。2:硬度が鋳鉄の2~2.5倍と高いのでラップ磨耗を防ぎます。3:誤って、作業面にきずをつけても、まくれが生ぜず平面度を維持します。4:測定工具や被測定物のリンキングがありません。5:自然石の為、表面にムラ、ヨリがでる場合があります。」低価格(G800)の特徴「1:価格が通常品(G160)に比べ10~20%安い。2:シュア硬度が通常品に比べ若干低い。3:石の表面の結晶が不均質でムラがでやすい。」

お問い合わせはこちらへ お問い合わせ送信フォーム
丸甲金物(株)のホームページはこちら 丸甲金物.com

Sekigahara_s01

« ミヤナガホルソー578ダイヤ | トップページ | カタログ更新情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミヤナガホルソー578ダイヤ | トップページ | カタログ更新情報 »