最近のトラックバック

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ドライバーは進化し続ける!! | トップページ | 車の内装パネル外しって大変なんですね。 »

2015年1月29日 (木)

ラチェットハンドルは進化し続ける!!

進化シリーズ第二弾(何弾まで続くの~~~~~)

ラチェットハンドルはココまで進化した!!

当店はTONEの特約店なので、TONE製でその歴史を見てみようと思います。

第一世代

171,271,371シリーズです。

Img_1506

写真には旧371は写っていません。

かなり長い期間販売されていたシリーズです。

このころは歯数が少なかったですね。

171(18)、271(18)、371(20)でした。

第二世代

Img_1507

RH30、RH30K、RH30KS、RH32K、RH33K

RH40、RH40K、RH42K、RH43K

歯数が30以上になった世代です。

RH30,RH30K,RH30KS(30) RH32K(36) RH33K(48)

RH40,RH40K(30) RH42K(36) RH43K(48)

第三世代

Img_1508

2014年に発売になった新シリーズで歯数が一気に72になりました。

RH3H、RH3HW、RH3VHW、RH3CH、RH3HS

RH3CHS、RH3FCHS、RH3FCH、RH3FHS

RH3FH、RH3FHL、RH3FHX

RH4H、RH4HW、RH4CH、RH4CHS

RH4FCHS、RH4FCH、RH4FH、RH4FHL、RH4FHX

一部の機種は写っていません。リンクのあるところは動画が見られます。

大きな違いは、ラチェット機構が第三世代から、くさび式に変わっています。

よって、細かい歯数でも爪式と変わらない強さを確保しているわけです。

音もカンカンからカリカリへ、さらにチリチリと変化したわけです。

歯数の少なかった頃は、空転(逆廻し)したときが重く、ソケットを

強めに押さえなくてはいけませんでしたが、

最新の歯数72では、それはもう!!軽いのひとこと!!超快適です!!

あとヘッド大きさにも注目してください。

第一世代に比べて、半分近くになった物もあります。

そうなりますと、ソケットの外径より小さい場合もあるので

一段と作業のしやすさがアップします!!


さあ~あなたのお仕事にあったラチェットハンドルをお選びください。




ねじと工具の丸甲金物株式会社 木元章義

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話 0154-24-2062 FAX 0154-25-7197

URL http://www.marukoo.com

email marukoo@nifty.com

#丸甲金物 #TONE #ラチェットハンドル #進化 #工具 #北海道 #釧路市

« ドライバーは進化し続ける!! | トップページ | 車の内装パネル外しって大変なんですね。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライバーは進化し続ける!! | トップページ | 車の内装パネル外しって大変なんですね。 »