最近のトラックバック

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« ハイグリップバンドってご存じですか? | トップページ | ストレートドリルは細くなると高くなりますってご存じでしたか? »

2015年5月22日 (金)

切断砥石は何をお使いですか?

昨日は釧路あすなろクラブ の5月例会で、信条についてと、自己アピールを選挙に例えて発表しました。第1部会の皆さんありがとうございました。発表者の緊張具合が楽しかったです。笑。来月は自分達だったあわわ。汗汗汗

あっ..こんにちは北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株)木元章義です。


世の中に数多くの切断砥石が発売されています。


当社の目線で選んだ「ノリタケ」「DISCO」に中心に在庫しています。


切れればなんでもいいしょ!と思われるかもしれませんが、切れ味と耐久性のバランスが重要だと思いませんか?


あなたはどんな切断砥石が必要でしょうか?


ちょっと現状を解説しますと、今の切断砥石は両面補強が標準です。


昔は中心層補強でしたので、両面に砥粒が露出していたので、研磨の代わりにもなりましたが、現在の切断砥石は出来ませんのであしからず。


厚さも、当初2ミリくらいから始まって、両面補強の3ミリになって、ちょっと薄くなって2.5ミリ、さらに2.3ミリ、2.0ミリ、1.5ミリ、1.0ミリ、いまでは0.8ミリまで薄くなりました。


薄いのは切れ味はとても良く、切断にかかる時間も短いのですが、砥粒が細かくなっていますので、減りが早いし割れやすいです。


使用できる材質ですが、鉄、ステンレス、などの鉄系用になります。(ステンも鉄系ですよ)


アルミ、真鍮、銅などの非鉄系はまた別な切断砥石が必要ですが、コチラの材質は切断砥石より鋸刃で切ったほうが良いでしょう。


なぜなら、目詰まりして切れ味が持続しないのです。(砥粒のスキマが埋まってしまう)


で、販売は、1箱10枚入です。1枚でも販売していますが、ちょっと割高になっちゃいます。ごめんなさい。


商品ラインアップ!!


ノリタケ スーパーリトル2.3(105-2.3-15)

耐久性重視にはコレ!!

Img_2471


DISCO トカゲウルトラZ(105-1.5-15)

耐久性に切れ味が欲しい人はコレ!!

Img_2472


DISCO トカゲファイナル(105-1.0-15)

とにかく切れ味がと言う人はコレ!!

Img_2473


富士製砥 スーパー雷鳥(105-0.8-15)

とにかく薄いのが欲しい人はコレ!!

Img_2474


ニューレジ デルタカット(107-1.0-15)

オフセットしているので、平面ギリギリを切りたい人はコレ!!

Img_2476


特殊なところで、

ヤマシン スーパーコブラ バイキール(125-1.3-15)

深く切りたい、長く切りたい、でも薄くもしたいと欲張りな人はコレ!!

Img_2475


注)専用のカバーが必要です。


お問い合わせはメッセージ、メール、FAX、電話で!!


↓↓ブログランキングに参加しましたので、ぽちっとお願いします。

blogramのブログランキング

★★今日の可能思考★★


==============

 夢を叶えよう

==============

プラスの言葉を口にしよう!


否定的な言葉ばかりを口にする人の

夢が叶うことはありません。

--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より


#丸甲金物株式会社 #切断砥石 #ノリタケ #DISCO #トカゲ #可能思考




この記事を書いた人

木元章義(ニックネームはまだ無い、笑)

北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。

2014年から日創研の可能思考研修を受け、釧路経営研究会に参加。経営の勉強を続けながら、エクスマの先輩「長さん」こと相澤さんと同じ委員会で出会い、エクスマに目覚めました。それまではただカタログを載せただけのブログから、自身の言葉で書いたブログに方向転換し日々エクスマーの皆さんの投稿を参考にしながら、お客様との関係性を深めるためブログ、Facebook、Twitter、Instagramなどに積極的に投稿しています。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ねじと工具の丸甲金物株式会社

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話 0154-24-2062 FAX 0154-25-7197

URL http://www.marukoo.com

email marukoo@nifty.com

Facebook 木元章義

Twitter @MARUKOOKK フォロー ヨロシク!!

Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

« ハイグリップバンドってご存じですか? | トップページ | ストレートドリルは細くなると高くなりますってご存じでしたか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイグリップバンドってご存じですか? | トップページ | ストレートドリルは細くなると高くなりますってご存じでしたか? »