最近のトラックバック

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 阿修羅という名のモンキレンチをご存じですか? | トップページ | バネって作る物なんです、ご存じでした? »

2015年9月10日 (木)

半田コテの選び方

通勤途中の街路樹が落葉していました。自然はちゃくちゃくと冬の準備に入ったようです。


あっ..こんにちは北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株)木元章義です。


半田コテはどのような基準で選んでいますか?

Img_3349_3

ひげ面~笑


一番の基準はワット数になります。


あとはヒーターの種類で、用途が違ってきます。


ニクロムヒーター型  一般用(半導体部品以外の物、電線や板金など)

Img_3350

Img_3353


セラミックヒーター型 半導体用(プリント基板など)

Img_3351

Img_3354

「 ↑ これDC12V用の半田コテです 」

半導体ってナニ?ですよね。


これはトランジスタから始まり、いまは集積回路(IC)と呼ばれる物全般です。


なぜセラミックヒーターが必要なのか?


それは半導体が静電気や、高い電圧に弱いと言うこと。


ニクロムヒーターも、雲母などで絶縁されていますが、それでも漏れてきますので半導体が壊れる可能性があります。


そこで、セラミックで絶縁したヒーターの登場となりました。


ワット数の考え方ですが、


30W、40W、50W、60W、80W、100W、150W、200W、300W、500W


と多数あります。


これは相手の熱容量によって決まるわけです。


熱容量ってなに?


簡単に言うと、必要な温度になるまでの熱量、という感じでしょうか?


半田付けには200度以上の温度が必要です。


そこまで暖めるのに必要な熱を加えないと、半田付けできないのです。


したがって、


プリント基板は、銅箔なので、30W~50W


電線は太さにもよりますが、40W~100W、太い電線はもっと高いワット数が必要です。


板金は、150W以上が必要です。


半田付けは奥の深い技術です。


衛星の組み立てには、半田付けの技術資格が必要なほどです。


最近は高度な温度制御装置の付いた半田コテが発売されています。


それだけ温度管理が重要なのです。


半田付けが不良ですと、故障の原因となりますよ。


ですので、半田コテ選びは慎重に!!!



詳しい資料は

こちらをクリックしてください。


購入は

丸甲金物(株)0154-24-2062へ!!!


↓↓ブログランキングに参加しましたので、ぽちっとお願いします。

blogramのブログランキング

★★今日の可能思考★★


 平成27年9月9日(水曜日)

==============


 自分で限界を決めない


==============


能力の限界を自分で決めてはいませんか?

「できない」「できない」と思っていては

いつまでたってもできません。


能力に限界はありません。

限界があるとすれば、それは自分で決めているのです。


もう一歩、もう一回、チャレンジしてみよう!



--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より

#丸甲金物株式会社

#半田コテはキチンと選びましょう

#太洋電機産業株式会社

#グッドの半田コテ

#可能思考




★この記事を書いた人★

木元章義(ニックネームはまだ無い、笑)

北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。

2014年から日創研の可能思考研修を受け、釧路経営研究会に参加。経営の勉強を続けながら、エクスマの先輩「長さん」こと相澤さんと同じ委員会で出会い、エクスマに目覚めました。それまではただカタログを載せただけのブログから、自身の言葉で書いたブログに方向転換し日々エクスマーの皆さんの投稿を参考にしながら、お客様との関係性を深めるためブログ、Facebook、Twitter、Instagramなどに積極的に投稿しています。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ねじと工具の丸甲金物株式会社

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話0154-24-2062 FAX0154-25-7197

URLhttp://www.marukoo.com

emailmarukoo@nifty.com

Facebook 

木元章義

Twitter @MARUKOOKK フォローヨロシク!!

Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

« 阿修羅という名のモンキレンチをご存じですか? | トップページ | バネって作る物なんです、ご存じでした? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿修羅という名のモンキレンチをご存じですか? | トップページ | バネって作る物なんです、ご存じでした? »