最近のトラックバック

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ピンを抜く工具は何と言うでしょうか? No.384 | トップページ | 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 »

2016年3月31日 (木)

R(カーブ、円弧)をワンタッチで測るのは難しい? No.385

2016/3/31


29日のシーサー君のコラボセミナーで大佐の話もっと聞きたかった~!(T^T)

Img_6435


あっ..こんにちは北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株)木元章義です。

Img_6436_2

「A子ママ、葉書届きました~ありがとう~SNS楽しんでま~す(^^ゞ」

さて、本題

丸棒でしたら、直径を測れば良いですね。


ならば鉄板を曲げたときの角のRはどうやって測るの?


1)ノギスは使えないよ!

2)複数枚重なったラジアスゲージというものがあります。でもいつでも持っているの?


そうですよね~


ならばコレ!


「シンワ ラジアスゲージ 直尺タイプ」

Img_6437


普通の15センチの直尺に3つの測定機能を盛り込んだ欲張りなヤツ!


★測定できる事は

1)外側の目盛りで長さを測ります

2)反対側のへこみでRを測ります。

3)真ん中のスリットで直径、厚さを測ります。

Img_6438


これだったら、一枚の板なので、胸ポケットに入れても邪魔にならないですよね。


サイズ違いで「A-1」「A-2」があります。


2枚同時に持ってもイイよね!


そんなときは二重リング(キーリング)で2枚をまとめると便利だヨ!


測定工具をお探しの時は丸甲金物株式会社を思いだしてください。



詳しい資料はシンワ測定デジタルカタログ/A>をクリックしてください。


この記事を読んでみて、ちょっと聞いてみたいなということがありませんか?
木元章義までメール、メッセージ、コメント、電話いただければ、誠心誠意、喜んでサポートいたします。。


全国発送もしています。お気軽にお問い合わせくださ~い。



今日もブログを見てくださってありがとうございます。


もう少しありますので、この下も見てね~


↓↓ブログランキングに参加しましたので、ぽちっとお願いします。

blogramのブログランキング

あちゃ~今日の更新データがなかった~


ごめんなさい今日はWebページの更新はありません。


★★今日の可能思考★★


  平成28年3月30日(水曜日)

==============

 ハイ!

==============

名前を呼ばれたら、

まず「ハイ!」と言おう。


仕事を頼まれたら、

まず「ハイ!」と受けよう。

--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より


あなたも日本創造教育研究所(日創研の経営研究会)で学んでみませんか?


#丸甲金物株式会社

#シンワ測定

#ラジアスゲージ

#可能思考

#釧路市

★この記事を書いた人★

kimoto_akinori 木元章義(ニックネームはまだ無い、笑)

 北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。

 2014年から日創研の可能思考研修を受け、釧路経営研究会に参加。

 経営の勉強を続けながら、エクスマの先輩「長さん」こと相澤さんと同じ委員会で出会い、エクスマに目覚めました。それまではただカタログを載せただけのブログから、自身の言葉で書いたブログに方向転換し日々エクスマーの皆さんの投稿を参考にしながら、お客様との関係性を深めるためブログ、Facebook、Twitter、Instagramなどに積極的に投稿しています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

経営理念

ねじと工具で建築関連業界の繁栄に貢献し

未来の子ども達が楽しく安心して暮らせる

都市(まち)創りのお手伝い

ねじと工具の丸甲金物株式会社

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話0154-24-2062 FAX0154-25-7197

営業時間 8:00-18:00

URL http://www.marukoo.com

email marukoo@nifty.com

Facebook 木元章義

Twitter @MARUKOOKK フォローヨロシク!!

Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

« ピンを抜く工具は何と言うでしょうか? No.384 | トップページ | 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンを抜く工具は何と言うでしょうか? No.384 | トップページ | 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 »