最近のトラックバック

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 | トップページ | 2サイクルエンジンはまだまだ現役ですね。 No.388 »

2016年4月 2日 (土)

キャスターは種類多くて選べないよね~ No.387

2016/4/1


春の陽気にはまだチョット早いですね~

Img_6449


あっ..こんにちは北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株)木元章義です。


キャスターメーカーは何社もあり、数多くのバリエーションが存在します。


その中で我が社が選んだのは名古屋の老舗「岡本工機」


会社案内を見ると、創業以来四世紀?????


4世紀=400年


は~~~~~


北海道ではあり得ない年数。


それだけで選んでいるわけではありません。


★選んだ理由

1)産業向けなので強度がしっかりしている。

2)札幌に在庫がある。

3)車輪の組み合わせが幅広い

Img_6446


キャスターの強度は、車輪の材質によって決まるのはご存じでしたか?


ちなみに75ミリで見てみますと(1個あたりの耐荷重)


ゴム車輪     80Kgf

ウレタン車輪  120Kgf

MCEナイロン車輪 170Kgf

6ナイロン車輪 120Kgf

MCAナイロン車輪 210Kgf

MCBナイロン車輪 360Kgf


これだけ違います。


標準のゴム車輪を4個で320Kgfですが、最強のMCBですと1440Kgfまで耐えられます。


違いますね~~~


運びたい荷物の重さを考えて車輪の種類を選んでくださいね。


あと車輪の大きさも運ぶ場所の路面状況を加味する必要があります。


路面のデコボコ具合(凹の幅、凸の高さ)も加味してください。


重量物の場合、高さ1cmでもカナリ苦労しますヨ!


また、市販の台車(キャリー)のキャスターは特殊な規格になっています。


そのため在庫にある物では、穴の位置、高さが違いますので、台車メーカーの純正品を使ってくださいね。


純正品もお取り寄せいたします。


キャスターでお困りの時は丸甲金物株式会社を思いだしてください。



詳しい資料をこちらをクリックしてください。


この記事を読んでみて、ちょっと聞いてみたいなということがありませんか?


木元章義までメール、メッセージ、コメント、電話いただければ、誠心誠意、喜んでサポートいたします。。


全国発送もしています。お気軽にお問い合わせくださ~い。



今日もブログを見てくださってありがとうございます。


もう少しありますので、この下も見てね~


↓↓ブログランキングに参加しましたので、ぽちっとお願いします。

blogramのブログランキング

●●●丸甲金物 Webページ更新情報●●●

一番基本的なトルクレンチの大型車タイプのトルクレンチです。

『 TONE プレセット形トルクレンチ  』

気になったらクリック!してね~


★★今日の可能思考★★


  平成28年4月1日(金曜日)

==============

 スタート!

==============

今日から4月。

新しい年度の始まりです。


心をリフレッシュさせよう!

--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より


あなたも日本創造教育研究所(日創研の経営研究会)で学んでみませんか?

★この記事を書いた人★

kimoto_akinori 木元章義(ニックネームはまだ無い、笑)

 北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。

 2014年から日創研の可能思考研修を受け、釧路経営研究会に参加。

 経営の勉強を続けながら、エクスマの先輩「長さん」こと相澤さんと同じ委員会で出会い、エクスマに目覚めました。それまではただカタログを載せただけのブログから、自身の言葉で書いたブログに方向転換し日々エクスマーの皆さんの投稿を参考にしながら、お客様との関係性を深めるためブログ、Facebook、Twitter、Instagramなどに積極的に投稿しています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

経営理念

ねじと工具で建築関連業界の繁栄に貢献し

未来の子ども達が楽しく安心して暮らせる

都市(まち)創りのお手伝い

ねじと工具の丸甲金物株式会社

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話0154-24-2062 FAX0154-25-7197

営業時間 8:00-18:00

URL http://www.marukoo.com

email marukoo@nifty.com

Facebook 木元章義

Twitter @MARUKOOKK フォローヨロシク!!

Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

« 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 | トップページ | 2サイクルエンジンはまだまだ現役ですね。 No.388 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛読書 25歳から、かれこれ30年読んでいます。No.386 | トップページ | 2サイクルエンジンはまだまだ現役ですね。 No.388 »