最近のトラックバック

カテゴリー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ブログへのアクセスが大幅に変わった | トップページ | パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム »

2014年12月13日 (土)

ボルトの寸法の呼び方

時々ボルトの寸法の呼び方でお客様からお知らせ頂く数値と、

こちらで受け取る数値の意味(場所)が違うことがあって

全然違うサイズのボルトを用意してしまうことがあります。

これも売る側としては当たり前なのですが、

お客様に伝わっていない事の最たる事案です。


ボルト(ねじ)の寸法呼び方(示し方)



ネジ部の太さ × ネジの長さ です。


00000az
「サンコーインダストリー様のカタログより引用」



もう一度言います。



ネジ部の太さ × ネジの長さ です。




太さ×長さ
......しつこい笑





よく間違われるのが

頭の幅(六角の二面幅)X頭の高さも含めた長さです。


たとえば、M10X50のボルトは

ネジ太さが10ミリ×ネジ長さ50ミリとなるわけですが

二面幅が17ミリ、頭の高さが7ミリですので

17X57と言ってこられることがあります。(あくまでもたとえです)

そうしますと、M17という規格が無いので、M16かM18で、長さも57ミリは無いので55か60ミリという全く違う品物になってしまいます。

この時、頭が17でと言ってもらえると、ネジはM10だなと判るので、一言付け加えてもらえると間違わなくてすみます。

そうだ、思い出した、たまに 「はたらき」は何ミリでと、言われることもあります。

これは理にかなった言い方で、「はたらき」とは「使える部分」といいうことですね。

« ブログへのアクセスが大幅に変わった | トップページ | パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログへのアクセスが大幅に変わった | トップページ | パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム »