最近のトラックバック

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« こんな巨大なスパナ、メガネレンチ見たことありますか? | トップページ | ハイグリップバンドってご存じですか? »

2015年5月20日 (水)

エアーカプラってこんなに種類があるんです。

今日は良い天気になりました。気温も上がって春らしくなりましたね。

リクエストにお応えしてエアーカプラについて書きました。

あっ..こんにちは北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株)木元章義です。


エアーカプラ


いろいろなメーカーがありますが、代表的というか、カプラといえば日東工器!!


当社のカプラは全て日東工器です。

Dsc03807

写真はハイカプラ、ナットカプラ、ツイストプラグです。


何に使うのか?


エアーツールとコンプレッサをつなぐホースに使います。


なぜか?


昔のホースを直接接続する方法ですと、ツールを交換するのにいちいちバンドを緩めたり、ナット式ですと、ナットを緩めなくてはいけませんでした。


このカプラをホースの先端部分と、コンプレッサの出力口、エアーツールの入力口に付けておくと、ワンタッチで取り外し可能となるわけです。


当社の在庫品は更に、簡単に使えるようになっているワンタッチタイプです。


ワンタッチタイプは、押し込むだけで接続が完了します。


従来のカプラは、外側を引っ張りながら押し込まなくてはいけませんでしたので、手間が大幅に減りました。


ただ、このカプラをホースの中間に使うと、外れやすいという欠点もあります。そんなときはビニールテープなどで固定してください。本末転倒だね。笑


その対策品としてロック付もラインナップされていますが、在庫は無く取り寄せになります。


ツイストプラグは、ツールの根元に使う物で、ホースの折れやねじれを防止します。エアーホースは圧力が掛かっていると、扱いにくくなります。そんな時このツイストプラグを付けておくと、手に掛かる負担が少なくなりますので、オススメです。


この写真は、ジョイプラの樹脂製カプラです。日東工器のハイカプラと互換性があり、とにかく軽くしたいときにはコレです!!!

Dsc03811


樹脂製なので、北海道の冬にはご注意ください。エンジニアプラスチックなので結構頑丈なのですが、やはり北海道の気温は別格です。樹脂が脆くなります。


右側にあるのは、ツールの根元に入れる、圧力調整器(レギュレータ)RG-910です。


通常、圧力調整器(レギュレータ)はコンプレッサや壁の配管付近にあると思います。いちいちそこまで行って調整するのは面倒なとき、手元でツールに最適な圧力に設定できますので超~~便利です。まあ若干がガサバリますね。笑


昨今高圧コンプレッサが多く発売されています。これはエアー釘打機など、単発で動くエアーツール用です。カプラも形状が全く違いますので、ご注意ください。


インパクトレンチ、サンダ、ドリル、などは、高圧コンプレッサでは使用できません。従来の中圧までのコンプレッサをお使いください。


また、ツールの空気消費量を加味してコンプレッサを選択してくださいね。でないと、空気の圧縮が追いつかず、圧力が下がってしまい、ツールが正常に動作しなくなりますよ。


今日、髪切りました。スッキリ!!

Img_2432_2

↓↓ブログランキングに参加しましたので、ぽちっとお願いします。

blogramのブログランキング

★★今日の可能思考★★


==============

 欲しいもの

==============

あなたが本当に欲しいものは何ですか?


あなたは、本当に欲しいものを手にいれる

ために行動していますか?

--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より


#丸甲金物株式会社 #カプラ #日東工器 #エアー #可能思考




この記事を書いた人

木元章義(ニックネームはまだ無い、笑)

北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。

2014年から日創研の可能思考研修を受け、釧路経営研究会に参加。経営の勉強を続けながら、

エクスマの先輩「長さん」こと相澤さんと同じ委員会で出会い、エクスマに目覚めました。

それまではただカタログを載せただけのブログから、自身の言葉で書いたブログに方向転換し

日々エクスマーの皆さんの投稿を参考にしながら、お客様との関係性を深めるためブログ、

Facebook、Twitter、Instagramなどに積極的に投稿しています。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ねじと工具の丸甲金物株式会社 木元章義

北海道釧路市新橋大通4-2-14

電話 0154-24-2062 FAX 0154-25-7197

URL http://www.marukoo.com

email marukoo@nifty.com

Facebook 木元章義

Twitter @MARUKOOKK フォロー ヨロシク!!

Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

« こんな巨大なスパナ、メガネレンチ見たことありますか? | トップページ | ハイグリップバンドってご存じですか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな巨大なスパナ、メガネレンチ見たことありますか? | トップページ | ハイグリップバンドってご存じですか? »