最近のトラックバック

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ケーブルを結束するバンドは応用範囲が広いよね | トップページ | ショートを防ぐカバー付きビットは電工さん必須 »

2022年11月 4日 (金)

貴方に合うラチェットハンドルはこの中にありますか?

2022/11/04 No.2163


こんにちは職人さん困ったを解決する北海道釧路市ねじと工具の専門店 丸甲金物(株) 包丁研ぎ師の木元章義です。


こんな超オタクなブログにきてくれてありがとう~ 


【貴方に合うラチェットハンドルはこの中にありますか?】


六角ボルトナットを締めるときに使うソケットを回すのがラチェットハンドル


当社は昔からTONEの特約店なので


「TONE ラチェットハンドル」

Img_5095

を在庫しています


★ラインナップ

1)差込角6.35mm RH2H RH2HS

2)差込角9.5mm RH3H RH3CH RH3CHS RH3HQS RH3HW RH3FH RH3VHS RH3VHW

3)差込角12.7mm RH4CH RH4CHS RH4HW RH4FH RH4HWL RH4EH

Img_5092 Img_5093 Img_5094

これは自分的にニュータイプ(^_-)


TONEの昔のラチェットハンドルは171、271、371から、RH3X、RH4Xシリーズになり


いまは上記のシリーズに進化しています


記号だけではどんなラチェットハンドルか判らないと思いますので


下のほうにあるTONE総合カタログを開いてご覧下さい


★この進化を見て思うのは


1)加工技術の進歩ですね


昔は鍛造してバリを落とした程度の地肌の仕上がりでした


それはそれですべり止めにもなって良かったと思います


形状も持ちやすさなどは考慮されていない生産性重視の形状でした


最近のラチェットハンドルはユーザー目線で使いやすさを重視した形状になってきています


しかも地肌には凸凹は無くツルッとした綺麗な地肌


ミラーツールのように鏡面ではありませんが、渋く光るシルバーの表面は好感が持てます


2)ヘッドの小型化


昔はギヤ数が少なく、ラッチの爪も大きかったので、どうしても頭部(ヘッド)が大きくなっていました


今はギヤ数が72枚が標準になり、細かい歯でもしっかり噛むラッチを採用して強度を保ちながらヘッドの小型化につながりました


3)軽量化


HWタイプはハンドル部の半分が中空になっており、とても軽く仕上がっています


これは力学の話になりますが、重たい物が中心から離れたところにあると動かすのが重い訳で繰り返し作業を行うラチェットハンドルですので繰り返し速度が遅くなります


ハンドルの半分から後ろが軽くなるとその分動かす力が軽くて良いので繰り返し速度が上がります


その為にショートハンドルがあるのですが、こちらでは締め付け力が落ちてしまうので、ハンドルが長いまま軽くなることに意味があります


4)ソケットが落ちない(外れない)機構付


ソケットホールド機構が標準です


昔はバネとスチールボールでソケットを保持していましたが、脱着の際にちょくちょくハンドルからソケットが抜けてしまいました


これは好みが分かれるところで、いまでも昔のタイプを探している方がおられます


狭いところで外れて落ちてしまうリスクを考えると、多少手間(ボタンを押すだけなんですが)をかけてでもソケットホールド機構に慣れたほうが自分は良いと思っています


5)首振りタイプが2種類


昔ながらのヘッド部の少し下でヒンジになっているタイプと、ボールジョイントのようなヘッドの向きが180度回転するタイプの2種類有ります


自分はこのタイプでないと回せない場面に出会ったことがないのでなんとも言えませんが、いまの自動車はエンジンルームが狭いので必要なのかも知れません


これだけバリエーションがありますので、自分の仕事に合ったラチェットハンドルを選んで下さいね


まとめ*****************


手工具は生産性重視かユーザー重視かで随分と変わりますね。TONEのラチェットハンドルも生まれ変わりました


は~い今日はここまで~一日朗らかに~


 「TONE ラチェットハンドル」をお求めの時は「ねじと工具の丸甲金物」へご来店、電話、メール、メッセージください!


リンク Link*****************


詳しい資料は「TONE 総合カタログ P125~」をご覧下さい


丸甲金物株式会社のWebサイト


包丁研ぎのご依頼について(全国から受け付け中)

9_20221101141301 9_20221101141302

包丁研ぎ師のInstagramはこちら


シャーレンチ修理はこちらをご覧下さい


釧路市新橋大通商店街振興組合のFacebookページ


★自然な食材(オーガニック)を使ったパウンドケーキとスコーンのネットショップ ナニガシ★


この記事を読んでみて、コメント頂けたら嬉しいな~


今日もブログを読んでくださってありがとうございます。めっちゃ嬉しいなあ


もう少しありますので、この下も見てね~


●●●●●●●●●●●●●●●

丸甲金物 Webページ更新情報

●●●●●●●●●●●●●●●


2022-11-04


意外でした、アルミ柄の方が打音を邪魔しないなんて。共振周波数の関係ですね


『 オーエッチ アルミ柄テストハンマー 』


気になったらクリック!してね~


★★可能思考!!一日一語★★


令和4年11月2日(水曜日)

==============


「気づく」ことは「傷つく」こと


==============


「気づく」ことは「傷つく」ことでもある。


特に自分自身の課題に気づくときには、

見たくなかったものや目を背けてきたものと

向かい合うことになる。


「傷つく」という代償を払うから、

「気づく」という成長の種を得る。



--------------


『可能思考!!一日一語』株式会社日本創造教育研究所より


It’s OK!!

 

#ブログを書いていたときのソラ 2022/11/02 14時ころ

Img_5097 Img_5096 Img_5098


★この記事を書いた人★

 木元章義(きもとあきのり と読みます あきよし じゃないよ)
 ニックネームは( スポック )

 

北海道釧路市でねじと工具の丸甲金物株式会社の三代目。
2016年11月28日にエクスマ塾79期釧路を卒業.
ブログ、Facebook、Twitter、Instagramに投稿しています。
仕事を楽しんでします。
Akinoriex_2
///////////////////////////////////////
経営理念
ねじと工具で仕事を楽しく!
ねじと工具 シャーレンチ修理 包丁研ぎ師 包丁販売
丸甲金物株式会社
北海道釧路市新橋大通4-2-14
電話0154-24-2062 FAX0154-25-7197
営業時間 8:00-18:00
※お支払いにクレジットカード使えます
※お支払いにペイペイ(PayPay)も使えます
Facebook 木元章義
Twitter @MARUKOOKK フォローヨロシク!!
Instagram marukookk フォロー ヨロシク!!
Instagram 946houtyoutogishi フォロー大歓迎!!
////////////////////////////////////////

 

« ケーブルを結束するバンドは応用範囲が広いよね | トップページ | ショートを防ぐカバー付きビットは電工さん必須 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケーブルを結束するバンドは応用範囲が広いよね | トップページ | ショートを防ぐカバー付きビットは電工さん必須 »